とうとう、梅雨入りしましたね。
今月に入って、
日本各地で続々と梅雨入り。

気温はそんなに高くないのに、
電車の中はじめじめ。
街を歩けば、
足もとはびちゃびちゃ。

なにかと憂うつなこの時季ですが、
私はキライじゃなかったりします♪

出典: instagram

おうちでまったりしたり、
おうちで楽しむ過ごし方を新発見したり♩

そんな雨の日は、断然インドア派の私でも、
この時季楽しみにしているのが。。。

出典: instagram

「紫陽花」

ということで。
鎌倉の長谷寺にお邪魔してきました♪
鎌倉は紫陽花スポットがいっぱい。
紫陽花スポットとして有名な鎌倉。
知ってる人も多いと思いますが、画像でご紹介♪

・長谷寺

出典: instagram

・明月院

出典: instagram

・光則寺

出典: instagram

などなど。

伝統を感じられる街並みや建造物と、
紫陽花の組み合わせは国内はもちろん、
海外の方にもファンが多いそう♡

長谷寺は、その中でも人気が高く、
毎年この時季になると、
紫陽花を目当てに多くの人で賑わいます。
正式には海光山滋照院長谷寺と号します。
“鎌倉長谷寺”の名で知られる長谷寺。
本当の名前はもっと長いって知ってました?

海光山滋照院長谷寺。

紫陽花で有名なお寺さんですが、
実は奈良時代に開創された伝統あるお寺さん。
境内には日本情緒溢れる光景が広がっており、
四季折々の風景を楽しめるスポットが
いくつもあります。

6月のこの時季、
みんなの目当てはやっぱり紫陽花♪ 鎌倉長谷寺のあじさい路には、
130段ほどの階段が続く山道に、
2500株の紫陽花が植えられており、
種類も40種類以上と、
実に様々な紫陽花が見ることができます。 ブーケや鑑賞用にも好まれる
『ダンシングスノー』も見頃。 花の一輪一輪が白いバラのような雰囲気の、
ちょっと一風変わった紫陽花は、
華やかながらも、繊細さを感じます♪

お寺さんによると、
今年のピークは12日だったそうで、
私が行ったのはそのちょっと前。
まだ咲ききらない様子も、
ふんわりと優しげで癒されました。 計算されていないグラデーションは、
自然界ならでは。

ちなみに。
見頃はピークから最大2週間程度とのこと。
スポットによって見頃がずれたりするので、
SNSなどチェックして行くといいかもです♪

また、この時季は、
江ノ島水族館でも紫陽花が。 色とりどりの海の生き物とあじさいの共演。
神秘的な光景は、ずっと見ていたくなるほどです♡
紫陽花も見たいけど、雨はイヤ。
今回は晴天でしたけれど、
毎年この時季は雨が降って、
ちょっと憂うつ。

そんな時に外出が楽しくなるアイテムを、
最後にちょっとだけ紹介したいと思います♪ w.p.c レインコート ボーダー 紫陽花を見に行くときに、
私は一番オススメしたいのがこれ!

観光地などの人の多い場所や、
見たいものがたくさんあるとき、
傘で手が塞がってると気になりません?

私は気になっちゃうので、
断然レインコート派!

しかも、こんなに可愛いのに
ちゃんとレインコートなんです♡

これなら、
思いっきり紫陽花を楽しめちゃいますよね♪ w.p.c ハートスカラップmini それでも、
傘が好きなあなたにはこちら。

UVカット率・遮光率90%以上。
晴雨兼用なので、
雨の日にも使える優秀折りたたみ傘♪
まるで紫陽花のようなルックスが、
この時季にぴったり♡

他にも。 プレミアムホワイト 晴雨兼用折りたたみ傘 体感温度を-10℃も下げてくれるスゴい傘♡
しかも、紫外線も99%カット。
もちろん、雨天兼用&折りたたみなので、
雨が振ったり降らなかったりする
梅雨には特にオススメです♪ Circus 逆さに開く二重傘 最近テレビでも紹介されている、
逆さに開く二重傘は、
雨の雫で濡れるストレスから解放。

車の乗り降りが本当にラクになるので、
車での行動が多い方にはぜひ使って欲しい♪
水滴の付く面が内側にくるので、
シートが濡れにくいのもポイントです!

おうちでまったりもよし。
紫陽花めぐりもよし。
憂うつな雨の日も楽しんじゃいましょう♪