出典:http://www.bawloo.com

カフェで見かける定番のランチメニューといえば、ホットサンド。
焼くだけなら、いい調理器具を使えば、料理ベタな私にもできるはず・・・・ってことで、おうちのキッチンで試してみたら、けっこう本格的&カンタンに再現できちゃいました♡

普通のメニューだけではマンネリ化しちゃうので、今回はちょっとひねったレシピをご紹介!

IMG_4040-Edit
こんがり甘ーい♡ チョコバナナサンド
材料: 6枚切り食パン、板チョコ、バナナ
作り方: パン→適度に割った板チョコ→丸ごとバナナ→パン の順に並べてサンド。両面を程よくこんがり焼き上げます。

さらにおいしくしたいなら、具材の上からココナッツオイルを塗りましょう。ハワイアンテイストに大変身!


https://bonnestore.com/recommend/#g/100002589


IMG_4056-Edit
パンをごはんに変えて ライスサンド
材料: 6枚切り食パン、焼き肉のタレ、ごはん、焼き肉炒め
作り方: 焼き肉のタレを鉄板の表面に塗って ごはん→焼き肉炒め→ごはん の順に並べてサンド。同じくこんがり焼き上げます。
具材に夕飯の残ったおかずを入れれば、さらにおいしく時短できますよ!


IMG_4082-Edit
本格カフェメニューに大変身! モンティクリスト
材料: 6枚切り食パン、調味液(牛乳、卵、塩)チーズ、ハム、レタス
作り方: 調味液に食パンしっかり浸した後、具材を適当にサンド!やっぱりこんがり焼き上げちゃいましょう。

見ているだけで、よだれがジュルって出てきちゃいそう・・・。
こんな感じで、あっという間にカフェごはんができちゃうんです♪
コレ全部、『バウルー』って直火タイプのホットサンドメーカーでつくったんですよ。


『バウルー』って何?


食パンにバターを塗り、好きな具を挟んでガス台に乗せ、片面2分ずつ焼けば、外はカリッと中はふっくら。トーストサンドとは似て非なる、直火で焼き上げるホットサンドイッチメーカー・バウルーが発売になり、日本の台所に幸せの香りが広がったのは1970年代のこと。
引用:http://www.bawloo.com

70年代って、意外と歴史ある調理器具なんですね。

 


電気でもいいんじゃない?なんで直火?


最近では、電気製のホットサンドメーカーも数多く出てきていますけど、
なぜ、私が直火をオススメする理由は、ずばりっ!!

◆調理時間が短い&焼き加減が調整できる
直火なら両面合わせて約4分。火力もさることながら、熱の周りも早く、ムラなく焼き上がります。
しかも、ガスレンジの火力を調節すれば好みの焼き加減に。

◆直火ならではのカリッカリ感
電気でも、カリっと感はある程度出せますが、やっぱり直火にはかないません!
熱がサンドの芯までめぐり、均一の温度でいっきに焼き上げるからおいしいんですね。

IMG_4077

◆そこに火さえあれば、どこででも
野外でほっくほくのホットサンドを食べるってどうですかっ!?
友達との愉しいキャンプのひとときに、ダッチオーブンで豪快な料理もいいけど、ホットサンドでさっくりランチをつくってみる。用途がどんどんひろがりますね。

large

出典:http://weheartit.com

 

バウルー サンドイッチトースター シングル

https://bonnestore.com/recommend/#g/100002516

バウルー サンドイッチトースター ダブル

https://bonnestore.com/recommend/#g/100002517