傷みやすい桃を長期保存する方法

#桃#頂き物#美味しそう

A post shared by ミコ (@nekonomiko) on

桃といえば、傷みやすいことで知られる果物。
一度熟したものは購入してから3日以内が食べ頃といわれるほど、保存が難しいフルーツです。

#食べ頃 #桃 #かわいい #甘い #ぴんく

A post shared by haruka*narita (@tokino.mam.hal) on

たまには箱買い溜めしてゆっくり食べたいなんて願望も、すぐに傷んでしまうので叶わずじまい。もしも桃がもうちょっと長く食べれたら…なんて、願ってやまない方も多いのでは?

そんな夢を叶えるのが、桃農家さんが伝授する「桃の長期保存方法」。

このアイディアが素晴らしいと絶賛されているんです♡


アルミホイルで包むだけ!?

afe348cbb3b0c694981da3f2c66c76ca出典:cookpad

保存方法はとっても簡単で、なんとアルミホイルを桃に巻いて冷蔵庫に入れておくだけ!

コツは以下の3点。

・空気が入らないよう、ピチピチに包む
・水に濡らさない
・キツく抑えない

桃農家さん伝授の桃の長期保存方法

果実がみえないよう隙間までしっかり巻きましょう。キツく抑えてしまうと傷みの原因になるので厳禁です。たったこれだけで、桃が1〜2ヶ月も保存できてしまうと言うんだから驚き!

どのご家庭でも簡単にできる方法ですし、桃の終わる時期にこうして保存しておけば秋までおいしく桃が食べれます♡ これは嬉しい!



アルミホイルって凄いんです

普段何気なく使っているアルミホイル。じつは気体や液体、光や赤外線を通さないバリア機能があるんです。保温性と保湿性に優れているうえ、空気を通さない特性があるので食品の保存に効果的なのだそう。

果実のみずみずしさを守ってくれるので、桃の長期保存も可能というわけなのですね。



ただし、種から腐る場合も!

そんな凄いアルミホイルの保存方法。寄せられたコメントではほとんどの方が長期保存に成功していますが、極まれに桃の種が腐乱する場合もあるのでご注意を!

なお、長くて2ヶ月の保存ができますが、大体1ヶ月程度で解禁するのが好ましいそう。食べるときは果実をカットして、中身が腐ってないか確認してから召し上がってくださいね。


お肉やお魚もアルミホイルで保存!

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

食材は空気に触れることで酸化し、腐食のスピードが速まります。

しっかり食材を包むことで空気から守ってくれるアルミホイルは、もちろんほかの食材の長期保存にも◎。

サランラップより冷気の伝導も速いので、お肉やお魚などをアルミホイルに包んで冷凍保存すると、一気に凍らせることが可能です。少しでも真空状態に近づけたい場合は、ラップの上からアルミホイルを使用しましょう。

この方法なら、お刺身も冷凍保存が出来てかなり便利です♡

保存方法をCHECK

ちなみにヨーロッパでは、アルミホイルに包んだお肉やお魚をそのままホイル焼きにするのが定番なんだとか♡ このほかにも生姜やパン、そして縛っておくだけで炭酸のフタ代わりにも使えるというアルミホイル。

生活を豊かにする万能選手を味方につけて、桃をはじめとする新鮮食材を賢くキープしちゃいましょう♡


秋まで桃を楽しみたい♡

キャプチャ出典:Instagram

常識をくつがえす感動の裏ワザが、おうちにあるアルミホイルで叶います♡ やさしい甘さと瑞々しさを、秋まで楽しく満喫してくださいね♪