出典:Pinterest

そろそろ冬物をしまい込み、春服に衣替え!冬に大活躍したお気に入りのアウターや小物などは、テキトーにしまい込んじゃダメですよ!上手にホームクリーニングして来シーズンも気持ちよく利用しましょう♪


お気に入りニットのふわふわセルフケア

●クリーニングに出さずにおしゃれ着洗い

キャプチャ出典:Instagram

冬に大活躍してくれるニットも、「水洗い不可」のマークがないものは、洗濯ネットに入れて家庭で洗うことができちゃいます♪「洗濯機OK」「手洗いOK」の表示があれば自宅で洗えます。

キャプチャ出典:Instagram

2016年12月から、洗濯表示は世界基準マークに変わります。日本語のままの方が分かりやすいよ~!という方も多い様ですが、上記写真の左上にあるように、洗濯機OKのマークは「タライのマーク」、手洗いOKの物は「タライの中に手を入れているマーク」なので分かりやすいです!

キャプチャ出典:Instagram

えりや袖、ひじなどの汚れやすい部分が外側になるようにたたみ、洗濯ネットに入れて「ドライ(手洗い)コース」で洗いましょう。ウールやカシミヤは、30度以下の水温じゃないと縮む原因になるので注意してくださいね!


●防虫効果のある専用洗剤で、保護効果アップ

キャプチャ出典:Instagram

ウールやカシミヤの毛や編み目を保護しながら洗うことのできる、『ランドレス』の「ウールカシミアシャンプー」。家で洗うのはやっぱり心配、という人におススメのおしゃれ着用洗剤です♡

ふわっふわ~な仕上がりはもちろんですが、さらにオススメしたいポイントは、防虫効果のある「シダー」のエッセンシャルオイルが配合されていること!ここまで衣替えにピッタリの洗濯洗剤は、他にはない♡


THE LAUNDRESS
ウール&カシミヤ用洗剤

アイテムを見る


●洗った後は、平干し&陰干しが鉄則

出典:http://ao-staff.jugem.jp/?eid=336

ニットを広げて、軽くたたきながら伸ばし、平干しをすれば型崩れや伸びが防げます。とはいえ、平干しできるスペースがない・・・そんな人には平干しネットがおススメです。ニット以外にも、クッションなどを干すときも重宝しそう♪100均にも売っているので、節約できるところはきちんと節約しておきましょうね♡


冬小物もフワフワをキープ♡

●ファー小物のケア

出典:weheartit.com

衣類はもちろん、しばらく保管が必要な冬小物は、しまう前にまずはお手入れを。ちょっとしたことなのに、見違えるほどキレイになる自宅ケアのポイントは3つ!

キャプチャ出典:Instagram

1、タオルに、ぬるま湯に洗濯洗剤を溶かしてしみこませ、よく絞ってからファーの汚れをやさしく拭き取る。
2、陰干しで、自然乾燥をさせる。
3、専用ブラシでやさしくブラッシング。ブラシがない場合は、手で軽くなでるだけでもふわっと整えることができます。


●マフラーやショールはM字干し

キャプチャ出典:http://ameblo.jp/thelaundress/

洗ったはいいけれど、長くて干しにくいマフラーやショール。そんな時には、ハンガー2本を利用したM字干しがおススメ♡伸びにくくなるだけでなく、乾きも早くなります♪


●ムートンブーツのニオイには

出典:Pinterest

すっかり冬の定番アイテムとなったムートンブーツ♡外側はきれいに洗えても、内側のモコモコはどうやってケアすればいいの…?

出典:Pinterest

そこで活躍するのが、吸水性の高い「新聞紙」。ファブリック専用スプレーなどを内側に吹き付け、インク移りを防ぐために、新聞紙をタオルにくるんでブーツの中にイン!3時間ほど放置すると、ニオイの原因と共に中の水分を吸収してくれます。


正しいお手入れで来シーズンも快適に♡

出典:weheartit.com

正しいお手入れをすれば、衣類は長持ちするもの。来シーズンのためにも、丁寧にお手入れしましょうね♡

(Written byまりえ)