出典:weheartit

ジメジメが体にまとわりつく梅雨時期。気づいたらここにもあそこにもカビカビカビ!!!今から1日1箇所決めて少しづつケアしておけば梅雨に焦ってケアすることもありませんよ♪そこで場所別にケア方法をご紹介♪

浴室

出典:weheartit

カビが育つ条件である25℃〜28℃で湿度が80%に当てはまるのがこの風呂場。日頃換気をすることもケアにつながりますが、そのほかにもこんな簡単ケアが防カビに♪下記の方法で全部やるのもよし!どれか一つをやるのもよし!!一番自分にあっている方法を探してみては♪


1.使用後、水シャワーで全体を流して拭く

出典:weheartit

カビの増殖は湿気が多くジメジメしたところで発生します。お水で流すことにより熱気を下げてカビ予防に。またカビの好物の水気を拭くことで増殖を防ぎます。この方法は毎回やると効果があるそうなので、特に気になる人にオススメ!!


2.週1度、熱湯でさっと全体を流す

出典:instagram

毎回やるのも効果的ですが、面倒な人は週に一度45℃以上のお湯で浴室全体をさっと流し一気に水分を蒸発させる方法がオススメ!天井や排水口にもかけておくとカビの繁殖や増殖を防ぐのだそう。すでに発生している場所は、50℃お湯を5秒間かけることで根元から除去することができるのだそう。温度があるので火傷に注意!


3.月に1度、アルコールを吹きかけたキッチンペーパーで拭く

出典:instagram

クイックルワイパーなどにキッチンペーパーをつけて拭くと天井も楽々お掃除可能♪アルコールで除菌をしてカビの増殖や繁殖を防ぐ効果が!この方法なら約1ヶ月ほど持つそうなので、ズボラさんも楽チンです♪


●もはや掃除することもめんどくさい!という方はこれ♡●


〜ペタッと貼るだけ簡単♡しかもリーズナブル!〜

バイオお風呂のカビきれい

浴室の天井にペタッと貼るだけ!自然に生息するバイオ(微生物)を利用した自然由来のアイテム。空気に触れることで活動を開始し、カビの繁殖や増殖を抑えます。6ヶ月持続だから一度掃除して貼れば梅雨時期も夏もこれだけで防いでくれちゃいます♪

商品詳細はこちら

●シリーズで他にも色んな場所の悩みを解決!●

お風呂の排水口きれい

詳細はこちら

押入れのカビきれい

詳細はこちら

エアコンのカビきれい

詳細はこちら

シンク下のカビきれい

詳細はこちら
キッチン

 

出典:weheartit

毎日使うキッチン。水回りのシンクなど、特に生ゴミの菌など繁殖しやすい場所でもあります。カビのあるところでご飯を作るなんて考えられないですよね。そんなキッチンをキレイに保つ秘訣はこんな方法でした♪


重曹掃除で汚れもカビ予防も!

出典:instagram

口に入るものを取り扱う場所だからこそ、塩素などの化学薬品は使いたくないですよね。そこで登場するのが重曹です♪排水口などは全体に粉の重曹をふりかけ、5分後にブラシやスポンジでこすり洗いするとヌルヌルが取れるし、カビの繁殖や増殖を防ぐんです♪

また重曹に温めたお酢またはクエン酸スプレーをまんべんなく振りかけると泡が発生します。汚れを一気に浮かせてくれるので15分後にふき取るとピカピカに!!クエン酸は抗菌作用や匂いの元を除去してくれるのでオススメです♪

出典:instagram

またコンロも焦げ付いた部分に粉の重曹をふりかけてこするだけで汚れが簡単に落ちるんです♪さらに取り外しができる部分は鍋に重曹と水を入れて煮ます。その後6時間放置してから洗うとこんなに汚れが取れるそう!!

出典:instagram

またリビングの壁も重曹大さじ1と水500mlを混ぜた『重曹スプレー』を壁に吹きかけて乾拭きするだけでカビ予防に♪シンクの汚れもこれ一つでOK!『重曹スプレー』は市販でもすでにできているものが販売されているので、作るのがめんどくさい人はそちらで◎


●話題の”オキシ漬け”も効果的♪●


出典:instagram

オキシクリーン

キッチンだけでなく洗濯やお部屋のアイテムにも活用できちゃうオールマイティーなアイテム。日本オリジナルのオキシクリーン(粉末タイプ)は、アメリカ製と成分が異なり界面活性剤・香料無添加。使用されている炭酸ソーダも、自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているから、お子様やペットのいるお家でも安心です♪40~60℃のお湯にキャップ1杯(0.4L)のオキシクリーンを溶かして、10~20分ほど漬けおきするだけで汚れもカビも撃退です♪

商品詳細はこちら
洗濯機

出典:instagram

なんか洗った洋服が臭い!!汚れが落ちづらくなった…?それ、洗濯槽のカビのせいかもしれませんよ…!!水気があるんだからもちろん洗濯槽もカビの繁殖場所なんです。普段の使いのカビ予防から、本格的なカビ予防まで!梅雨までにぜひ覚えてくださいね♡


1.基本的な使い方を改める

出典:instagram

1番やりがちなのが、洗剤の使用量を規定の量より入れてしまうこと。これは洗剤が溶け残ってカビの原因になります。汚れを落としたいからと容量を多めに入れるのはNGです!また洗濯物を入れっぱなしにしていませんか?少しでも湿った洋服やタオルなどを入れておくとカビの原因に!日頃から洗濯機を動かす前のものは洗濯カゴに入れておき、使った後は蓋を開けて空気の通りを良くすることが大事です。

2.漂白剤などで槽洗浄

出典:instagram

衣類を入れずに『衣類用漂白洗剤』を使用して槽洗浄を行います。水50Lに対して200mlの漂白剤を入れてすすぎと脱水を11時間繰り返すだけ◎勝手に掃除されちゃいます。

出典:instagram

もっと時短したい人は、50度のお湯を浴槽目一杯にため、『酵素系漂白剤』を500g入れて15分回すだけ。1度で取りきれない場合は何度か繰り返します。ホースの水で汚れを洗い流し、ふきんで水気を拭き取れば完了です♪先ほど紹介したオキシクリーンが酵素系漂白剤になるのでお試しあれ♪

今日から少しずつスタート♡今年はカビに悩まされない!!

出典:instagram

今からやれば梅雨本番までに全然間に合う!!一日1箇所でも週末にまとめて家族でお掃除でも♪きたるジメジメ時期を乗り切りましょう♪