出典:weheartit

アメリカでもNYの次に人口が多く住みやすい気候や治安から日本人が多く住み、多国籍の文化が味わえるロサンゼルス。観光地はあまりないと言われていたのですが、最近ではフォトジェニックなスポットもたくさん♡今日はそんなロサンゼルスに実際住んでみたらどうなるのか?の疑問を解明したいと思います!賃貸情報や治安、物価までをご紹介♡

ロサンゼルスってどんな街?

出典:instagram
人口 日本との時差 平均気温
約940万人 夏:-16時間
冬:-17時間
夏:約25℃
冬:約10℃

Los Angeles(ロサンゼルス)はアメリカの西海岸に位置し、気温も寒すぎず暑すぎずで一年を通して温暖な気候で過ごしやすく『天国』のようなところと言われています。映画の聖地や日本でもおなじみのテーマパーク、高級住宅地の街並みもここLAで拝むことが。1日では回りきれないスポットが満載なんです♪


ザ・アメリカの自然を楽しむならもってこい♪


出典:weheartit

日本にはないアメリカの海や大地など自然をダイレクトに味わうならやっぱりLA♪そして多数ある観光地もチェックしておきたい!ここではエリア別にチェックすべき魅力をご紹介しちゃいます♪


●ハリウッド●

出典:instagram

アメリカ映画の中心地といえば、そう『ハリウッド』!えっ、ここ住めるの?と思われがですが、アメリカンドリームを目指して役者の卵やアーティストが多く住む街なんです。もちろん家賃はお高めですが、ショッピングモールも多数あり、シアターも多数。夢見る若者には毎日とてもフレッシュな出来事が起きる、魅力のある街なんです。

出典:instagram


●サンタモニカ●

出典:instagram

ビーチの開放感が味わえる『サンタモニカ』はロサンゼルスでは外せない都市!アメリカ西海岸の陽気な雰囲気を味わうことができるこちらは数々の映画の舞台にもなっている場所が多数。ショッピングモールやダイニングレストランが多数あるので生活には困らなそう。ただし家賃はLAの中でも少しお高め。しかし変動が少ないので結果他の都市に住んでいるよりも安くなったということもあるそうです!

出典:instagram


●ビバリーヒルズ●

出典:instagram

ロサンゼルスのさらに西部に位置する『ビバリーヒルズ』は、セレブがこぞって集まる高級住宅街。多くのハリウッド俳優も住むこのエリア、運がよければ俳優さんの日常を垣間見ることも。しかしお家賃はお高め。その代わりショッピングや娯楽施設など少しお高めではありますが、いたるところにあるので生活には絶対に困りません!また危険なエリアも少なく、セキュリティも厳重な家が多いので心配な人はこちらへ。

出典:instagram


●ダウンタウン●

出典:instagram

LAの『ダウンタウン』はビジネスの中心地で、オフィス街などが立ち並ぶ街。仕事も多くあるので働きたいという方は、LAでもこちら住む人が多いようです。ホテルやライブ会場もあり、観光地にもなっているので人は人口はかなり多め。交通の便もとても良いそう。ですがギャングやホームレスも多く集まる地域のようで治安はあまり良くないそう。女性は夜絶対に一人で歩かない方が良いと言われています。

出典:instagram


●メルローズ●

出典:instagram

古着屋やショッピングエリアが盛りだくさんの『メルローズ』はおしゃれさんやアートが大好きな人にはもってこいの街!最近話題の天使の羽の絵があるのもここ。治安もそんなに悪くないそう。しかし電車が通っていないようなので、バスかタクシーの移動になるのが痛いところ。またお店も夕方には閉まってしまうので活動時間が早い人にオススメ。

出典:instagram
車社会に対応できれば大丈夫!

出典:instagram

電車やバスなどの移動手段が遅れるのは当たり前!なのでLAの人は基本車で移動する人がほとんど。スーパーマーケットもちょっと食事に行くのも必ず車なんです。なので日本人で住み始めて変わってしまうのが「体型」なんだそう。車移動で運動せず、アメリカのボリューミーな食事でブクブク太ってしまうそうなので注意です!!

出典:instragram

食事に関してもジャパニーズレストランや、日本食材のスーパーもどの地域にも必ずあるのでいつでも日本食を食べることもできるし、日本人の移住者も多いので、アメリカの中では比較的住みやすく、日本と違って困ることは車社会になれることぐらいと言えるでしょう。また日本にも9~10時間ほどで帰国することができるのも人気の秘密♪

出典:instagram

治安の面に関していえば、日本人が多く住む街であればアメリカの中では比較的安全です。しかしギャングやホームレスが多く犯罪が多発している街もまだまだたくさん。例えば歩いている時古い車が多く止まっている場所や、ホームレスが多い場所、観光地ではない落書きがたくさん壁に書かれている場所に入ってしまったらすぐに立ち去るのが先決です。

生活にかかるお金の平均は?

●家賃●

出典:weheartit

同じアメリカでもNYよりは全然住みやすいお家賃のロサンゼルス。日本でもお馴染みですが、やはり都市や人気都市に行くほどお高いよう。エリアごとではこのようになりました!

1BR(1R)
の平均相場
ハリウッド サンタモニカ ビバリーヒルズ ダウンタウン メルローズ
賃貸 約23万円 約20万円 約25万円 約18万円 約16万円

ロサンゼルスはダウンタウンのようなやビーチ沿いの街が人気で家賃も高いのだそう。海岸沿いよりは少し内側に、都市では少し外れたところが狙い目。また日本人が多く住む、都市部から少し離れた『トーランス』という街もオススメ。そしてLAでは賃貸を借りるときは、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)という日本でいうマイナンバーのようなものが必要だそう。これは日本で取得できるようなので、事前に準備です。そのほかにも口座の開設や運転免許証の提示が必要な賃貸もあるそうなのでこちらも準備を!また車社会なので駐車場代が家賃に含まれていることも。

●光熱費●

出典:weheartit

温暖な気候で暖房はあまり使わないそう。夏でもカラッと暑いのであまり気にならず過ごせるので1ヶ月3000円〜5000円程度で過ごせるのだそうです。

●食費●

出典:weheartit

何と言っても外食をするとチップを15%〜20%置く習慣のあるアメリカでは、外食は間違いなくお高くなります。ですがNYと比較するとかなりお安め。ランチなどの軽食であれば1100円程度+チップ代で済みます。自炊を行えばもっと抑えることができますし、他の州に比べて日本食が置いてあるスーパーマーケットがかなり多いので助かります。

のんびりした人が多く気さく♪ 他国民が寄り添い住まう街

出典:weheartit

温暖な気候でビーチも近く穏やかな気候が続くロサンゼルスでは、大抵の人は気さくでのんびり屋さんと言われています。海が好きな人や、都市部での疲れを癒しに来てそのまま永住してしまった人も。『天国』と言われる所以は住んでいる人たちの人柄の良さも含まれているのかもしれませんね。毎日がホリデー気分になってしまう、そんな場所なのかもしれません。


その他の特徴


●アメリカ1健康志向で、ビーガン食のカフェも多数

海辺では朝散歩やジョギングする人、スーパーはオーガニックスーパーが多数。など健康に気をつけている人が多い様子。ヘルシーライフを望めば比較的食材や、スポーツする場所がすぐに手に入ります。

●ゆるい季節の変わり目を味わえる

温暖ではありますが、春夏秋冬の四季をきちんと味わうことができます。日本ほど寒くはなく、暑すぎずで過ごしやすい♪

無理しないで海外生活を送りたい人へ♪

出典:weheartit

海外生活に憧れるけど、ガラッと食や日常が変わってしまうのは疲れてしまう…という人はぜひ日本人も多く住みやすいロサンゼルスへ♪人生に疲れちゃった人も、これからは海辺の街でゆったりのんびりな人生を送りませんか?♪