こんにちは、merci編集部のMIORIです。
今日は、編集部でも「便利すぎ!」と話題の「ツイスティー」をご紹介します♡

キャプチャ
ビタントニオさんから発売中の「ツイスティー」は、なんと! ティーポットとタンブラーが1つになったティーボトル。
ふつうはポットなどで沸かしてつくった好みの濃さのお茶を、コップに注いだり、タンブラーに入れ替えたりして飲みますよね。ですが、ツイスティーはタンブラーなのに茶葉をそのまま入れることができて、茶葉を入れっぱなしにしても、決して濃くならないスグレモノなんです!

その秘密は…!? まずは、かんたんな使い方をご紹介します♡


茶葉とお湯を入れて、ボトルをツイスト!

キャプチャ出典:http://www.vitantonio.jp

1.裏返して下のフタをあけて茶葉をセットし、フタを閉める。

2.ボトルの上下を入れ替え、飲み口のフタを開けてお湯を注ぎ、フタを閉める。

3.時間を置いて抽出し、お好みの濃さになったら上下を入れ替えてボトルをひねる。


feature_02

茶葉を入れっぱなしにしてもOKな理由はコレ! ボトルをひねることで弁の開閉をし、濃さを調整することができます。


▼ますます欲しくなっちゃう魔法の動画♡

抽出時間を置いてから、ツイストするために逆さまにした時に、ボトルいっぱいに広がる茶葉の色合いたるや、とても美しい♡ この瞬間だけでも、ココロがほっこりと癒やされます。


本格的な風味を引き出す、茶こし付き

08AT100009696_P

茶葉をセットする部分には、手入れのしやすいパンチング式の茶こしが付いているので、抽出しても葉っぱがボトルに入ってきてしまうことはありません。茶葉を多めに入れておけば、1杯目を飲んだ後に、2杯目・3杯目をカンタンに抽出することができます♡ もちろん、結露しないのでデスクの上に置いても書類などを濡らす心配もありません。

また、飲んだ後は茶こしや飲み口などすべて取り外しができるので、しっかりと丸洗いができて清潔に使い続けられます。

12AT100009696_P

ボトルは、耐熱性に優れたSCHOTT社のガラスを使った二重構造になっています。保温・保冷機能はないのですが、二重構造なので握ったときに熱かったり冷たかったりして持てないという事がないので、2杯、3杯とゴクゴク飲みたい方におすすめです。

スタイリッシュな佇まいなので、お仕事をしながらふと手に取ると、バリバリと仕事をこなしているデキる女的な何かを感じずにはいられません。


水だしもOK!

ボトルはマイナス20℃~100℃まで対応しているので、沸かしたてのお湯でつくるのはもちろん、お茶のまろやかな甘みをじっくり抽出する水出しでも楽しめます。氷を入れることもできるので、濃い目につくったお茶なら、後から氷で冷やしながら濃さを調整することも可能です。


ポットいらずなのでおウチでのティータイムの準備もらくちんです。お気に入りの紅茶や緑茶、ハーブティなど片手に、「ゆるり、ほどよく、きもちいい」時間を過ごしてみては?


4色から選べます♡お気に入りのお茶をどうぞ

11AT100009696_P

ツイスティーは、「クリーム」「ブラウン」「レッド」「グリーン」の4色。どれも、やさしいマットな雰囲気の癒やしカラーです。

ハイビスカスティーやピーチティーなど、色鮮やかな茶葉の色をボトルいっぱいに広げて、ほっと一息♪ 忙しい時こそ、ツイスティーでリラックスしてくださいね。

ONLINE SHOP