第9話
「たとえスマホを割られても…?! 叔母バカに感謝」

シロタ129 シロタ129_2

いつも甥っ子を可愛がってくれる妹。

たまに申し訳なくなるほど、それはよく面倒を見てくれます。

 

そしてとにかく甥っ子に甘い。
子どもたちのオモチャや大好きなフルーツ、食料品など、とにかくいろんなものを買ってきてくれたり、長男がハマっている「動物戦隊ジュウオウジャー」ごっこに付き合ってくれたり。
さらには私に用事があると留守番をしてくれるなど、本当に感謝してもしきれない存在です。

 

会うたびに「面倒を見てくれて本当にありがとうね。ごめんね」と伝えるのですが、
そのたびに「大丈夫だよ。あの二人すごくいい子だよ」と、うれしい言葉を返してくれるという優しさに、ジーン。

 

厳しいお母さんとは違ってジュースやおやつをいっぱい食べさせてくれる叔母と過ごす時間は、子どもたちにとっても、パラダイス。とにかくよく懐いていて、最近では叔母が帰らないようにと、洋服を隠してしまったりすることも。

 

さて、なにはともあれ、子育てというものは両親の力では及ばないことがとても多く、頼れる人間がいるということは、本当に心強いもの。親と違った第三者からの子育て論にも、ハッとさせられることが少なくありません。つくづく、子育てといものは、一人ではできないなと感じるのでした。

 

しかし、頼れる人が身近におらず、不安や体力面で限界を感じているお母さんやお父さんも、きっと一定数いるはず。地域によっては、行政から子育ての援助を受けられるサービスなどもあるので、どうか一人きりで悩まず、まずは住んでいる場所の福祉制度をチェックしてみてくださいね。

 

両親の共働きが一般的になっている現代で、子どもを育てやすい環境は本当に大切なこと。
叔母である妹に子どもが生まれた時、私もきっと彼女の手助けをしよう!と胸に誓っています。%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%82%bf%e5%ae%b6%ef%bc%88%e7%9b%b8%e9%96%a2%e5%9b%b3%ef%bc%89


4コマ漫画「シロタ家の日常」次回もお楽しみに♪

作者:シロタシロ

前の話

スクリーンショット 2017-01-29 20.50.18