お酢はナチュラルクリーナー♡

出典:Pinterest

酢の物やお漬物の、野菜の色を鮮やかに引きしたり、お肉や魚をやわらかく仕上げたりと、毎日のお料理で大活躍する、お酢。
穀物酢、米酢、果実酢、ホワイトビネガーなど種類も豊富ですが、実はこれらすべて、お掃除につかえるのは、ご存知でしょうか。

酢に含まれている水素イオンが、汚れの原因となる物質を溶かして剥がしたり、トイレやキッチン周りの悪臭を消臭したりと、汚れやニオイがつきやすい場所との相性バッチリなんです!

meruさん(@daily_life.0920)が投稿した写真

基本的なビネガー水の作り方は、とっても簡単。お酢を2〜3倍に薄めるだけなので、簡単につくることができます。

ですが、せっかくならちょっとワンランク上の「ていねいな暮らし」を意識してみたいもの。そこでおすすめしたいのが、緑茶を加えてつくる「緑茶入りビネガー水」です♡

出典:BONNE

緑茶に含まれるカテキンには抗菌・殺菌作用があり、O-157のような食中毒の原因菌への解毒作用が示されているため、キッチンやトイレ周りでつかうのにピッタリなのだそうですよ。【出典


緑茶入りビネガー水の作り方

s__19202050

【材料】
お酢:100ml

緑茶:中さじ1

材料を瓶に入れてフタをし、10日ほど置きます。


お酢は、ホワイトビネガーや、穀物酢が使いやすくておすすめです。後から茶葉が取り出しやすいので、ティーバッグのままお酢にポイっと入れてもOK。寝かせている間は、たまに混ぜてあげてください。

完成したら茶葉を取り除き、お酢を2~3倍に薄めて使います

出典:Pinterest

お茶の代わりに、お好みの香りの乾燥ハーブや、精油でつくるのもおすすめです。

精油の場合は、基本のビネガー水をつくったあとに、好みの量を数滴混ぜるだけなので待たずにすぐ使えますよ♡

ハッピーノーズ

SHOP

ナチュラルフォレスト

SHOP

ユーカリ・グロブルス

SHOP

ラベンダー

SHOP


用途にあわせて使い分け
実践!ビネガー水の使い方

出典:Pinterest

▼トイレ

飛び散った尿や、ほこりが原因で嫌な臭いになりやすい便器まわり。
シミの原因にもなってしまうので、ビネガー水を常備しておいてシュッと吹きかけ、トイレットペーパーで簡単ふき取り掃除に役立てると◎。

▼ペットのおしっこのシミ

ペットがおしっこをしてしまい、シミついてしまったラグやカーペットもキレイに!
シミの上に乾いた布を置き、その上からビネガー水をスプレーします。別の乾いた布で、シミの外から内側に向かってトントン叩き出します。臭いもスッキリとれますよ。

▼魚焼きグリル・網

ちょっとやそっとではとれない、生臭い魚のにおいにもビネガー水のスプレーを。しつこい臭いは、酢を薄めずに、原液につけ置きをして消臭しましょう。

▼ビニール製のソファ

様々な素材のソファがありますが、ビニール製ならビネガー水でお掃除しましょう! ビネガー水を吹き付けたら、乾いた布で拭き取るだけです。

染みついてしまったタバコのニオイにも、ビネガー水が効果的です。エアフレッシュナーとしても使えます◎

▼畳

まずは畳の目に沿って、ホコリをほうきで掃きます。
布にビネガー水を吹き付けて、畳を拭きます。お酢の抗菌作用で清潔に保てるだけでなく、ツヤ出しにもなるので和室が輝きそう!

▼リンス

乾燥シーズン、ケアを疎かにして髪の毛がボサボサになってしまってませんか?
実は、ビネガー水をリンス代わりにつかうと静電気を防止し、キューティクルの引き締め効果にもなるそうです。

注:リンスで使う時は、お酢を薄めるだけのシンプルなものか、乾燥ハーブや緑茶などでつくったレシピのものを使ってください。


スッキリやさしい、ナチュラルクリーナー

d809373fc2a35271437e5866ff8292ec出典:Pinterest

市販の洗剤では肌への刺激が気になったり、赤ちゃんのいる生活の中では使いづらかったり、悩みは多いですよね。ビネガー水は、そんな「困った」をやさしく解決してくれる自然のクリーナー。キッチンにあるものだから、簡単にはじめられますよ! ぜひ試してみてくださいね♪