出典:Pinterest

「サード・ウェーブコーヒー」のさきがけと言われる「ブルー・ボトル・コーヒー」をはじめ、たくさんのオシャレなカフェが建ち並ぶ清澄白河。渋谷からは東京メトロ半蔵門線で1本、約20分の距離で、東京都現代美術館やギャラリーなども同時に楽しめるという、なんともアートな街です。

出典:Pinterest

そんな清澄白河デビューをしたい人に、まずは絶対行くべきおすすめコーヒーショップをご紹介!ブルックリンのようにスタイリッシュな街を歩きながら、色んなカフェを訪れて、奥深いコーヒーの世界を楽しみませんか。


ここは外せない!話題の「ブルー・ボトル・コーヒー」

キャプチャ

出典:Instagram

アメリカ生まれの大人気コーヒーショップ、日本第1号店。本国では「コーヒー界のApple」とも呼ばれ、日本でも連日行列ができる程の盛況ぶり。

キャプチャ

出典:Instagram

焙煎後48時間以内の豆しか提供しないなどのこだわりを持ち、1杯ずつ丁寧に淹れる”マイクロブリューコーヒー”で知られます。新感覚の鼻から抜ける芳醇な香りを堪能して。

キャプチャ

出典:Instagram

<Information>

住:東京都江東区平野1-4-8

時:8:00~19:00

休:無休

merci_btn


コーヒー通なら「オールプレス・エスプレッソ」へ!

1986年にニュージーランドで設立されたロースタリー&カフェ。ツウなら欠かせないニューウェーブです。世界各地から仕入れた良質な豆を店内で焙煎しているため、1歩踏み入れば香ばしい豊かな香りに包まれます。

キャプチャ

出典:Instagram

バリスタが淹れるコク深いエスプレッソはもちろん、エスプレッソの倍の量のスチームミルクをたっぷり注いだまろやかなフラットホワイト、カフェラテなども人気。香り豊かでまろやかな味わい。

キャプチャ

出典:Instagram

<Information>

住:東京都江東区平野3-7-2

T:03-5875-9392

時:8:00~17:00、土・日9:00~18:00

休:無休

merci_btn


ブームの先駆け「ザ・クリーム・オブ・ザ・クロップ」

有名なベルギーチョコレート「ピエール マルコリーニ」を手掛ける会社が運営する、本格的なロースタリー兼カフェ。厳選した豆を店内で焙煎し、焙煎士が丁寧に1杯1杯ハンドドリップしてくれます。

キャプチャ

出典:Instagram

常時6種類程の豆が良いされ、華やかなアロマが香るフルーティーな味わいが特徴です。キュートなロゴをあしらったカップも愛らしい。

キャプチャ

出典:Instagram

<Information>

住:東京都江東区白河4-5-4

T:03-5809-8523

時:10:00~17:00

休:月曜

merci_btn


街に馴染む「アライズ・コーヒーロースターズ」でひと休み

清澄白河の持つ下町らしさが味わえる、ぜひ訪れてほしいお店。焙煎士として10年以上のキャリアを持つ林オーナーが手掛ける地域密着型のアットホームなコーヒーショップです。

キャプチャ

出典:Instagram

常時並ぶ瓶詰めされた7種類以上の豆から好きなものをチョイスすれば、その場で豆を挽き、丁寧に抽出してくれます。口に含んだ瞬間にふわっと広がる華やかな香り。コーヒーの幅広さを感じることができますよ。

キャプチャ

出典:Instagram

<Information>

住:東京都江東区平野1-13-8

T:03-3643-3601

時:9:30~18:00

休:月曜

merci_btn

また、2014年9月にオープンした、カフェ型の2号店「ARiSE COFFEE ENTANGLEアライズコーヒー エンタングル」も必訪!コーヒーに詳しくなくても、親切なスタッフさんが豆の特性などをていねいに教えてくれます♪

出典:http://goodcoffee.me/

<Information>

住:東京都江東区清澄3-1-3

T:03-5875-8834

時:9:30~18:00

休:月曜

merci_btn

 


休日のカフェめぐりに、訪れたい街NO.1


キャプチャ
出典:Instagram

歴史的建造物も多く、下町っぽさを残しつつ、アート、コーヒーの街としてのモダンな顔も持つ不思議な清澄白河。たくさんの魅力に溢れ、訪れるだけでも楽しめること間違いナシ!友達や家族と、街散策をしながらコーヒーブレイクをレッツエンジョイ♪

(Written byLily)