そもそも「GRAND X」って?
GRAND Xは、タイガーが展開している
「食材の美味しさを提案する」ための
ブランドシリーズ。
何よりも美味しい料理を作れることを
目的に作られているんだそうです。
ただ一心に「美味しさ」を求めて作る、というのは
なんだか職人さんのこだわりに近いものを感じます。
見てきたのはこちら!
さて。
GRAND Xシリーズは
美味しさを追求するブランド。
炊飯ジャー、スチームコンべクション、
コーヒーメーカーなどある中で
筆者は今回こちらのホームベーカリーのお話を
聞いてきました! HIホームベーカリー〈やきたて〉
スマートなデザインが印象的なホームベーカリー
見た目も素敵ですが、持っている機能も
とっても魅力的です。

まずこのホームベーカリーの特徴は
IHが搭載されている、ということ。
ホームベーカリーの多くは、蓋を開けると
電熱線が見えるのですが、GRAND XはIHなので
中がすっきりしています。 徹底した温度管理が出来る高火力IHだからこそ、
生地のこねから発酵まで、
パンの温度を一定にキープ出来るのだそう。
職人が作ったパンを目指して開発されたとのことで、
発酵の工程では生地の温度が上がりすぎないよう
3つの温感センサーと冷却ファン
パン生地の温度を徹底的に管理!
きちんと細かく見守っているというのは、
なかなかの驚きでした… またIHだけでなく、DCモーターも搭載
温度の管理だけでなく、こね方も職人さんの
手法を目指して設計してあり、
きめ細かい生地が作れるそうです。
こねに使う羽を変えれば
お餅やうどんもできるんだとか。
力強くお餅をつくことも、繊細なパンのこねも
両方得意なモーターが入っているのは嬉しいところ。
何よりの見所はやっぱりここ!
そして何よりのポイントは…そう。
美味しいパンが焼けること!
もちろん、ただ美味しいパンじゃありません。
このGRAND X IHホームベーカリー<やきたて>は、
美味しい無添加の米粉パンが焼けるんです!

実は筆者も古いホームベーカリーを
所持しており、米粉パンに何度も挑戦するも、
ひたすら連敗した過去があります。
元々米粉パンが我が家のホームベーカリーにない
メニューだったため、工夫して挑戦していましたが、
結果はお約束の惨敗レース。
酸っぱい匂いに背中を丸めて食べること十数回、
いくら焼いても美味しいものは作れず
米粉パンを焼くのは泣く泣く断念…
後に発酵時の温度管理がきちんと出来ていないと
イーストの匂いが強く出てしまうと知り、
私のホームベーカリーでの米粉パンは諦めましたが
やはり自分で焼いた美味しい米粉パンには憧れます。
いざ、実食!
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
の米粉パン。
見た目はころんとしていて可愛らしい印象だな、
頭の皮の部分がとても美味しそう!
…というのが筆者の最初の感想。

このパンが、一体どんな味なのか。
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
のお話を聞きつつ、目の前で切っていただきました! こうして… こうなって… 驚くほどの白さ!
そしてこの断面の綺麗さ…すごくないですか?
画像の色味よりも、肉眼で見た実物は更に白く
市販のパンよりも色白に見えました。 しかも、ただ白く綺麗なだけでなく
きめがとても細かい!
また、アップの写真を撮るために
近づいて見たところ、
香ばしいだけでなく、甘く優しい香りが…
もうこの時点で、期待が一気に高まります。 担当さんに試食を用意していただき、
好奇心に駆られるまま、パンに触れた瞬間…
しっとり、そして凄いふわふわ感!
思わず食べる前に、何度も指先でつまんで
パンの柔らかさを確認してしまうほど。
水っぽいのではなく本当にしっとりしているんです。
それなのに綿のような絶妙な柔らかさで、
つまんでも、きちんと押し返してくる弾力が。
食べてみれば、お米の優しい甘さが口の中に
ゆっくり広がって行きました。

以前私が作った米粉パンは、
イーストの匂いが手前に出ており
生よりも焼いて食べた方が絶対美味しいという味。
そのため米粉パンには、
口の中に酸味が残るイメージがあったのですが
こちらは全くなく、後味は甘さがわずかに残る感じ。
それなのに食べている間は、
パンの濃い味がしました。
口の中にパンがある間は、
甘く香ばしい匂いが鼻を抜けていって、
そのまま食べているだけでも十分美味しい。
いただいたのは、焼き上がってから冷ましておいた
タイガーさんおすすめの食べ頃のパン
だったのですが、焼きたても絶対美味しい!
と、確信が持てる味でした。

一体なぜこんなにも美味しいパンなのか。
その秘密は、こだわりの中にありました!
こだわりに、こだわったホームベーカリー
なぜ米粉パンがこんなに美味しいのか。
担当さんによれば、それは高火力IHの実力と
先にお話しした温度管理に秘密が。

IHは釜の中の温度の上がりが早く、
下げるのも素早く管理することが得意。
パンの外側を素早く焼き上げ、
そのあと中をじっくり焼くのだそう。
またこねの工程の時点から温度管理を
細かく調整しているおかげで、
水分が抜けてしまうことを防いでいるのだそうです。
これが美味しさの秘密。
この力で、グルテンフリーの米粉の食パンから
小麦で作ったスタンダートなパンも
しっとりもちもちに美味しくなるんです! 小麦のパンも同様に試食をさせていただきましたが、
やはりもちもち感は変わらず。
小麦パンの方は特に口に入れた瞬間
しっとり感が前面に来るように感じました。
また、小麦の甘く香ばしい香りが口いっぱいに
広がって、生で食べてもやはり美味しかったです。

GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
の美味しさの秘密。
それは、徹底した温度管理と、
それを叶える機能が実現していました!
まだまだある!GRAND Xの魅力!
ここまで
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
の機能紹介のレポートをしてきましたが、
ここから先は、筆者個人が感じた
嬉しいポイントをピックアップしてご紹介!

嬉しいポイントその1
『掃除が楽!』
キッチンは口に入る食べ物を扱う場所。
それだけに、筆者は細かく掃除をしていますが
ホームベーカリーの多くの内部は
電熱線が設置されているタイプが主流。
掃除をしようにも、気軽に布巾で拭くのも難しく
一度焦げ付いてしまうと汚れが落ちにくいのが難点。
頑固な汚れは衛生的にも困りますし、
見た目を綺麗に保てないのは残念な気分に…
でも
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
ならIHなのでお掃除がとっても楽。
使った後、さっと拭くだけでほとんどの汚れが
落ちてくれます。
キッチンペーパーにアルコール液をつけて拭けば
除菌も出来るので衛生面もキープ出来て嬉しい!

嬉しいポイントその2
『デザインが素敵!』
キッチンの家電のカラーバリエーションが
豊富になってきている昨今。
白は確かに他のものと合わせやすく、
清潔なイメージもありますが
やっぱり見た目のデザインも自分好みに
自分らしいキッチンにしたい!
その点、
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
は他の家電とも合わせやすく、
また、落ち着いたフロストホワイトカラーで
スマートで大人っぽいデザインなのも◎
他のキッチンとは異なる空間を作れます。
大きさも縦が約34cm、横が約23cm、
奥行きも浅めの約32cmで
コンパクトな点も嬉しい!

嬉しいポイントその3
『薄皮が嬉しい!』
これは筆者個人の好みもありますが、
薄皮の方がトーストにしたときの
食感が良くなるので嬉しい!
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
は高火力IHで焼いているので
薄皮で焼き上がるのも特徴。
最初に外側を薄く焼き上げてから、
中側をじっくり焼くので
皮が薄くて美味しいパンになるのだそう。
薄皮である分、中の生地の部分を
しっかり味わえるのでそこも嬉しいポイントです。

嬉しいポイントその4
『しっとりもちもちが嬉しい!』
機能の紹介部分でも書きましたが、
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
で焼いたパンはしっとりもちもちのパンが焼けます。
しかもきめが細かいので、口に入れた瞬間の
ふわっとした食感は最高!
そのままで食べても、トーストにしても
もちろん良いのですが、折角なら手を加えたものも
ぜひ美味しく作ってみたいもの。
しっとりもちもちのパンだと嬉しいもの…となると
やっぱりサンドイッチ!
長時間しっとりもちもちを
キープしてくれるパンは、
サンドイッチにもってこいです!

ちなみに、
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
で焼いたパンは焼きたてだと水分量が多い分
すぐに切って食べるのは難しく、
また水分も抜けやすくなってしまうのだそう。
本体に入れたまま保温していると
パンの中に残った水分が飛んでいってしまうと
いうことなので焼き上がったらすぐに本体から
取り出して冷ますと良いのだとか。
こうすることで、余計に加熱して
水分を失うこともなくパンのしっとり
もちもちが長持ちになるそうです。

余談ですが、焼きたてが食べたい!
という方は、ちぎりパンのように
ちぎって食べるのがおすすめだそうです。
パンの柔らかさがより一層感じられて、
口の中が幸せになれそうです…
食事の楽しみを増やしてみよう!
難しいテクニックなど使わずに自宅で職人さんが
作ったようなパンを作ってくれる
GRAND X IHホームベーカリー<やきたて>
あなたもおうちで、美味しいパン生活。
いかがですか?
BONNEでGRAND XをCHECK!