出典:instagram

お花をガラスの瓶に詰め込んだ「ハーバリウム」が、今とっても可愛いと話題に♪お手入れする必要がほぼなく、枯れる心配もないので、プレゼントや特別なインテリアとしてお迎えする方が増えているんです♡


ハーバリウムって?

「ハーバリウム」とは、いわゆる “植物標本” のこと。

出典:instagram

女性なら誰しも手にしたことがあるであろう、押し花やドライフラワーも、このハーバリウムの仲間です。

出典:instagram

いま流行りの瓶詰めタイプは、特別な保存液のなかに花を浸したオイルタイプのもの。

出典:instagram

花本来のカタチを崩さず、色合いも鮮やかなまま、鑑賞することができます。


*スノードームのように、お花を揺らして楽しむことも。

きらめくお花の、静寂な世界。ゆっくり落ちていく様子はふしぎな魅力を秘めていて、心をなぞるように癒やします。

出典:instagram



*お手入れが不要

このオイルタイプのハーバリウム、お手入れする必要がないのも魅力のひとつ。

出典:instagram

生花だとすぐに枯らしてしまう…といった方や、プレゼントとして贈っても気兼ねがないのでオススメです。

出典:instagram

ボトルの中に特殊な液体と植物を入れて、長期間鑑賞できるようにしたもの。時間の経過とともに、ごくわずか色の変化はあるものの、ホントにごくわずかです。〔出典

出典:instagram

儚げなお花に、思わずうっとり。


ハーバリウムが購入できるお店

見ているだけで幸せな気分になるハーバリウム。今すぐ欲しくなってしまいますよね♡ そんな方のために、ハーバリウムが手に入るとっておきのお店をご案内。完売必須なので、リサーチしてからGETしに行ってくださいね♪


* 清澄白河「LUFF」 *

出典:instagram

オイルタイプのハーバリウムブームの火付け役といえるのが、清澄白河の「LUFF(ラフ)」。

出典:instagram

都内の有名ホテルや結婚式場、個人邸の庭などの植栽プランニングをおこなってきた上村拓さんがオーナーの、大人気ショップです。

ここで作られている「ハーバリウム」は、なんと全てオーナーさんの手作り。

出典:instagram

毎日毎日売り切れてしまうようで、なかなか手に入らないレア商品となっています。

出典:instagram

しかし、お店に足を運んでくれた方に限り、完売していた場合は予約販売もおこなっているそう。オーナーさんの心遣いが、嬉しいですね♪

出典:instagram

さらに、季節によっては、麦やオクラなど、ちょっと変わった植物も販売されます。1年を通して、コレクションしたくなる可愛さに夢中です♡

出典:instagram

〈Herbarium〉¥1,800〜

2016年2月より 専用BOXがついて、ラベルが変わりました。価格も変わりました。ご注意ください。〔出典

LUFF
Flower&Plants WORKS

〒135-0024 東京都江東区清澄3-3-27
tel : 03-5809-9874
fax : 03-5809-9875
営業時間:10:00~19:00(火曜日定休)

HPはこちら


* 「petitor」 *

フランス語で「小さい」の意味を持つ ”petit” と、「選択」の意味を持つ英語の ”or” を合わせた意味をもつ「petitor(プティトゥール)」。

出典:instagram

ネット販売を中心とするこちらのショップでは、電球型やメイソンジャー型のハーバリウムが販売されています。

出典:instagram

お花たちがみずみずしく蘇り、優しい光に照らされて
宝石のようにキラキラと輝きながら揺れ動く様子はずっと眺めていても飽きません
浮く花材と沈む花材があるので
ひっくり返すことで全く違う雰囲気のフラワーボトルをお楽しみいただけます
出典

出典:instagram

紫陽花やミモザなど、可憐なお花たちが幻想的に揺れて、とっても可愛い!

出典:instagram

こちらもすべてハンドメイドによる作品で、ウェブショップのみでの取り扱い。受注販売にも対応しているので、誕生花や花言葉に由来したハーバリウムをオーダーするのも素敵です。

Creema
Minneの

世界にひとつだけのハーバリウムが欲しくなったら、ぜひ♡


幻想的なハーバリウムで心を癒やして

出典:instagram

美しく、静かに揺れる「ハーバリウム」。生花でもドライフラワーでもない新たな植物の魅力に、もうすっかり虜です。