CgAGwLvUkAEHjPw出典:Twitter

先日、4月23日に世界初のサテライトとして六本木に堂々オープンした「スヌーピーミュージアム」にメルシー編集長のHさんと遊びに行って来ました!

R6129274

そこで今回は、世界初公開の原画や、可愛いメニューのカフェ、ここでしか手に入らないお宝グッズが手に入るショップなど、何もかも可愛かった「スヌーピーミュージアム」のドキドキ潜入レポをお届け♡

R6129269

みなさんの参考になれば幸いです。


行ってきました、スヌーピーミュージアム♡

5月15日、東京メトロ六本木駅から7分の「スヌーピーミュージアム」に行ってまいりました! まず私達をお出迎えしてくれたのは、5体のウェルカムスヌーピー。

スクリーンショット 2016-05-17 7.26.47出典:snoopymuseumtokyo

一番右がまだ4本足だった頃から、一番左が最新版まで、1950年から2000年までの代表的なスヌーピーが仲良く並んでいます。

R6129178

どのスヌーピーもとってもキュート♡  R6129184

この時点ですでにテンション最高潮! 館内への期待を膨らませながら、いざ入場です。


ドキドキの入館!
超貴重な「メモリアルチケット」をGET



早速館内に入り、受付で「メモリアルチケット」を発券します。このチケット、なんと訪れた日と同じ日付に実際に発行された、過去のピーナッツ漫画が印刷されている、超レアチケット!

チケットは毎日4種類の絵柄を用意しているそうで、お友達や家族と来場した際、それぞれ違うコミックを受け取ることが出来るのだとか。

R6129345

この日にしか手に入らない貴重なチケットに感激です。ちなみに、編集Hさんが1986年の、私の方は1996年のものをGET! 大切な記念日や誕生日に訪れるのもいいかも。


最初の展示ホールには、圧巻の3Dアートが!

そしてお待ちかねの展示会場へ。 まず視界に入るのが、壁一面に広がる圧巻の3Dモザイクアート!

R6129205

膨大なピーナッツのコミックが、前に後ろに並べられ、奥行きを表現していました。すごい!

R6129203

こちらはシュルツさんからとても信頼されていたアーティスト「大谷芳照」さんによる作品。 1951〜1975年の間に実際に描かれたコミックを、4452枚も使っているのだとか。

R6129209 (1)

▼スヌーピーの水墨画アートで有名な大谷さん。シュルツさんから「ヨシ」と呼ばれ、日本で唯一スヌーピーを描くことを許可された凄い御方です。

3Dアートのとなりの壁には、50年ものあいだほとんど休むことなく毎日コミックを描き続けたシュルツさんの信条と、歴史をなぞったお写真がずらり。

スクリーンショット 2016-05-17 7.01.56出典:snoopymuseumtokyo

1948年のシュルツさん。凛々しくて、とってもかっこいい!

R6129223

赤ちゃん時代から、第二次世界大戦の軍服姿まで、色んな姿の写真を間近で見ることができます。


「Do you still love me?」
世界初公開の原画が素敵

興奮冷めやらぬまま、メインギャラリーへ。こちらでは現在、OPENを記念した「愛しのピーナッツ。」原画が60点飾られています。

3-1600x902出典:snoopymuseum.tokyo

▼見どころはやはり、世界初公開のこちらの原画。

1985年のバレンタインにシュルツさんが奥様に贈られたもので、「まだぼくのこと、愛してる?」なんて、ロマンチックな一言が添えられています。

スクリーンショット 2016-05-17 7.07.18出典:スヌーピーミュージアム

飾られている原画コミックは、作者のご夫人であるジーン・シュルツさんがセレクト。愛情ある解説や、作成秘話など、ファンにとってたまらない裏話が目白押し。

どの作品にも日本語和訳がついており、胸を打つ台詞や、思わずクスッと笑ってしまうものも。ご家族に贈られた貴重な原画を含め、どれも心温まる素敵なものばかりでした。


スヌーピーの翻訳家といえばこの人!
谷川俊太郎さんからのメッセージも

メインギャラリーを堪能したあと、いよいよ最後となる3つ目のホールへ。

R6129259

R6129289

ここではピーナッツ作品の和訳を長きにわたっておこなってきた「谷川俊太郎」さんをはじめ、作家の「吉本ばなな」さん、女優の「前田敦子」さんが紹介する「愛しのピーナッツ」や、エピソードが拝見できます。

R6129273


レアなコレクションがずらり!

R6129235

▼壁に大胆に描かれたコミック。床にはみ出ちゃってるのもお洒落です♪

R6129281

▼奥に見えるもっふもふの柱は、抱きしめることも可能♡

R6129300

▼編集Hさんが特に気に入っていたのが、「ハロウィンの仮面をかぶったスヌーピー」。全然怖くない、むしろとびきり可愛い……!こういったユーモアが、シュルツさんの魅力なんですね。

R6129308

▼モニターにはピーナッツに縁のある著名人が次々登場。奥様や、谷川俊太郎さんも出演されていました。

R6129263

▼過去に展開されていたグッズや本も、たくさん。シュローダーが着ている、ベートーヴェンのニットが可愛い♡

R6129319

R6129239

▼ピーナッツキャラに繰り抜かれたディスプレイも、めちゃめちゃかわいい〜!

R6129276 (1)

▼のぞいてみると、こんなかんじ。

R6129254

▼◯もありました。

R6129267 (1)

▼アニメも上映中されていて、ピーナッツのみんなが仲良く鑑賞するなか、シュローダーだけマイペースにピアノを弾いていて笑う。

R6129338


一通り見終わったら
「ブランケットカフェ」にGO!

最後のギャラリーを見終えたら、スヌーピーミュージアム内にある「ブランケットカフェ」へ。

Cgz-ny8UYAEdlhQ出典:スヌーピーミュージアム

我々は、スヌーピーディッシュコンボの「ウォームパピーセレクト(1,480円)」と、「ペパーミント パティセレクト(1,480円)」、そしてアイスクリーム付きのデザートピザ「スヌーピー’s フェイバリット(1,350円)」を注文。

R6129360 R6129361

スヌーピー用のお皿に盛られて到着!

R6129373

可愛いしとっても美味しいし最高♡ このお皿、すごく大きくてボリューム満点! 少食の方はお友達とシェアしても良さそうです。

ちなみにブランケットカフェのみの利用は不可能。混雑している時は、その場で入店できるかどうかが決まる抽選が行われます!ドキドキです!


ミュージアムショップ
「BROWN’S STORE」でフィナーレ!

お腹いっぱい食べたら、お待ちかねのミュージアムショップへ!

linecamera_shareimage

ここでしか買えないレアグッズが満載で、見ているだけでも楽しめちゃう。

CcIiWoNUkAAj3lp出典:SNOOPY MUSEUM TOKYO

2-1-1600x902出典:SNOOPY MUSEUM TOKYO

Ccf5xVJUEAA097r出典: SNOOPY MUSEUM TOKYO

原画の複製やポストカードも充実。AHKAHとのコラボグッズなど、何もかも可愛くてたまりません♡

大好評のため、残念ながら売り切れているグッズもありましたが、次回の楽しみが増えるというもの!

▼ 私は図録、原画の複製ポスター、ポストカードをGET!

R6129410

▼そして帰り際に、編集Hさんに「ルピシアコラボティー」をいただいちゃいました♡

R6129416

▼終始ご機嫌のメルシー編集長のHさん。グッズ1万円+カフェ代+チケット代で、この日2万円相当使っていました。恐るべし、スヌーピー展!!!

R6129404

▼帰り際、たまたま飛んでいた飛行船とパシャリ。R6129393

▼後ろ髪引かれる思いでミュージアムとバイバイしました。絶対また来るからね〜!

R6129392

と、そんなわけでとっても楽しかった「スヌーピーミュージアム」。ピーナッツの制作秘話はもちろんのこと、シュルツさんのお人柄の良さと「愛」がめいっぱい感じられ、幸せな気分に浸れました。

R6129391

ピーナッツのことがますます好きになる素敵なこの展覧会は、たった2年半の期間限定開催!

スクリーンショット 2016-05-17 11.15.20出典:snoopymuseumtokyo

ぜひ、お早めにおでかけくださいね♪

公式サイトを見る

 ノンクレジット写真:筆者撮影