DESIGN FESTAとは?

デザフェスの愛称で知られる『DESIGN FESTA』は、
1994年から毎年春秋に開催されている
アジア最大級のアートイベント。

プロ・アマチュア問わず、
“自由に表現できる場”を提供するイベントとして。
世界各国から集まったアーティストにより
絵画やアクセサリー、ハンドメイド雑貨など、
オリジナル作品の展示や販売が行われます。

また、現地では。
オリジナル作品作りに挑戦できるほか、
2日間かけて制作するライブペイントや、
ダンス、ファッションショーなど、
多種多様な表現を体感できるのも魅力の1つ。

出典: instagram

アートに興味のある人はもちろん、
アートにはあまり興味のない人も。

ハンドメイドのアクセサリや、
オリジナルイラストを使用したステーショナリーなど。
誰でも興味があるものが見付かるのがDESIGN FESTA。

そんな『DESIGN FESTA 47』に、
今年も遊びに行ってきました♪

DESIGN FESTA 47

来たる5月13日——。
その日は朝からどんよりとした雲に覆われていました。

だけど、そんな天候も吹き飛ばすように、
会場付近は賑わっていました!!

最寄りの国際展示場駅。
会場であるビッグサイトには、
りんかい線かゆりかもめが主な交通手段になります。

会場の東京ビッグサイト。
ピラミッドを2つ並べて逆さにしたようなデザインは、
ドラマなどで1度は見たことあるのでは?

エントランスには看板が・・・

西ホールの1Fと4Fを使用しての開催。
結構広いです!

デザフェスは個人による小さなブースが
いくつも集まっているため、
本当に見るところが多いです。

なので。
初心者さんはとりあえず気になるエリアに
行ってみることをオススメ。

お腹が空いていたら、
フードコートエリアから行ってみてもいいんです!
自由で多彩なのがデザフェスの醍醐味なんですから♪

デザフェスの歩き方

とはいえ。
気になるところからといっても、
何があるのという初心者さんに、
まずは簡単にブースの説明を。

デザフェスは、大まかに言うと。
5つのエリアに分けることができます。

『ショーステージ』

バンド演奏、ダンス、ファッションショーなど。
デザフェスといえば個性的なショーステージ!

『ブースエリア』

出典: DESIGN FESTA

世界中のアーティストの個性的な作品を展示・販売。
ここだけでしか手に入らないアイテムもいっぱい♪

『ワークショップエリア』

出典: DESIGN FESTA

アーティストと一緒に自分でアート作品を作れる。
子供も大人も夢中になる体験コーナー♪

『ペイントエリア』

最大8m×3.6mの巨大キャンバスに、
2日間掛けてアーティストが作品を描き上げます!

『レストランエリア』

出典: DESIGN FESTA

有名店やフードクリエイターが出店。
メインから、ドリンク、デザートまで。
デザフェスだけで食べられるメニューも♪

アートと一言に言ってもこれだけ幅が広いので、
本格的に見て回ろうと思おうと1日掛かります。

ちなみに。
デザフェスには少しお得な2日券もあるので、
2日間じっくりアートに浸かるのもいいかも。

ショーステージ

おのおののエリアごとに異なる感動があって。
一気に紹介してしまいたいのですが。
まずは、ショーエリアから。

ショーステージは、
エレベータで1Fに降りた真っ正面に。
ライトアップされた真っ白なボードに、
大きく『DESIGN FESTA』の文字が見えます!

写真を撮ろうと訪れたときは、
ちょうどダンスショーが。

写真を撮るつもりだったのに、
思わずそのことを忘れてしまうほど。
Dance Orchestraさんの、
優がだったり、鮮やかだったり、
時には刺激的だったりするダンスに、
思わず夢中になってしまいました!

かなり広いステージですが、
ダンスをしながら移動されるので、
飽きることがありません。

ショーステージでは、
1日に15〜20ほどのアーティストが、
30分程度のショーを全力で魅せてくれます。

前列には誰でも座れる椅子があるので、
集中して見たい方はぜひ♪

ちなみに。
帰る頃にはヌンチャクを使ったショーが。

奥にいるパンダさんが気になります♪

代表の願羽マサルさんは、
東京中野区で教室も開いているそうで。
ヌンチャクを使った迫力満点のショーに、
歩き回って疲れていたにも関わらず、
最後まで観てしまいました!

普段ならあまり目にしない、
ヌンチャクを使ったパフォーマンス。
こういうのに出会わせてくれるのも、
デザフェスならではですね♪

ペイントエリア

ちなみに。
ショーステージを囲む多彩なイラスト、
気になりませんか?

出典: instagram

これ。
デザフェス開催中に、
アーティストさんが描いてるんです!

大きなものになると、幅8mもの巨大なキャンバスに、
アーティストさんがリアルライブで描いて行く様は、
本当にすごいです!!

作業風景を観ていると、
アーティストさんのこだわりや伝えたいこと、
何ものにもとらわれない自由な心など、
様々なものがリアルタイムで伝わってきます。

毎年これを見るのも楽しみの1つなのですが、
今回もたくさんのステキな作品に出会えました。

一部ですが、ご紹介♪

今回は2日目にお邪魔させてもらったので、
出来上がったものが多かったです。
1日目に行くと描きかけのものも多いので、
この真っ白なキャンバスがこれからどんな風に
なるのだろうと、想像するのも楽しいですね。

さて!
お待ちかねのブースエリアは次回「作品編」で。

BONジェンヌも思わず手に取りたくなる、
アクセサリやインテリア、絵画など。
盛りだくさんで紹介させていただく予定です♪