どうして湿気で髪の毛がダメになるの?
出典:weheartit

そもそもの原因は髪のダメージによるもの

カラーリングやパーマ、紫外線などにより髪の毛はダメージを負います。ダメージを負うということは、髪の水分量を一定に保つ”キューティクル”が剥がれてしまうということ。剥がれてしまうことで水分量を一定に保つことができなくなり、キューティクルのさらに内側にある”コルテックス”が水分を吸って膨張し、髪の毛をうねらせたり広がった状態にしてしまうんです。

●髪の毛の構造を知る!●

キューティクル ‥ 髪の毛の表皮部分。水分量を一定に保ったり、紫外線やドライヤーの熱、枝毛や切れ毛などのダメージから保護する役割。

コルテックス ‥ 髪の毛の皮脂部分。繊維状のタンパク質でできており、髪の85~90%と大部分を占める言われています。コシやハリなどの髪の強さを生成する場所。

メデュラ ‥ 髪の毛の芯部分。髪の強度や弾力を保ったり、潤いを保つ効果があるそう。赤ちゃんの毛や産毛、細毛にはないと言われています。

キューティクルが剥がれることで中のコルテックスがむき出しに!更にコルテックスのボリュームが減ると弾力を失ったり、コルテックスに多く含まれるメラニン色素が薄くなり白髪になったりするんです。

水分量を一定に保つ努力をする!

出典:weheartit

キューティクルが剥がれ水分量を保持できなくなり、髪の内部が乾燥することにより髪の毛がグングン水分を吸い、その結果髪の毛がうねったりまとまらなくなるのが原因。そんな髪の悪循環を打破するために、まずは髪の毛の補修、潤いを保つこと。実は基本の洗髪で全然変わってくるんです。

基本の洗髪方法をマスター!

出典:instagram

まずは毎日行っている洗髪を正して、髪の毛に一番良い方法で洗うのが大事!基本を制するものは全てを制する!

Washing
洗う

出典:instagram

1.ブラッシング

洗髪前のブラッシングは絡んだ髪をほぐし、さらに頭皮からしっかりブラッシングすることで汚れも浮き出てくるので洗い落とししやすくなります。粗い目のブラシがおすすめ!

2.素洗いをして汚れを落とす

シャンプー前に髪の毛や地肌をよくすすぎ、汚れを落とします。髪の毛だけでなく頭皮も良く揉み込むように洗うのがポイント。この素洗いで髪についたホコリなどは全て洗い流されます。

3.シャンプー剤を手のひらでよく泡立てる

シャンプーを適量出し、手のひらで軽く泡立てます。通常シャンプーは泡立てることを前提として作られており、原液のまま髪に載せると髪の毛や頭皮を傷つけてしまう恐れがあるそう。

4.地肌を中心に揉み込むように洗う

指の腹を使い、全体的に地肌を揉み込むようにマッサージしながら洗います。揉み込むことで毛穴に詰まった汚れを落とし、頭皮の血行をよくします。

5.揉み出しながらすすぐ

すすぎも頭皮をマッサージするように時間をかけてすすぐのがおすすめ。シャンプー剤が落ちていないとかゆみの原因になったりかぶれたりすることも。


オススメのシャンプー


泡立ちの良さや、ダメージの補修を中心としたものを選ぶのがおすすめ!また自然素材で香りの良さも毎日使うシャンプーには大切。そんなシャンプーをご紹介します♪

MERCURYDUO×megami no wakka シャンプー&トリートメント

パッケージが可愛い♡なのに効果は絶大!!美容理論に基づいたこだわりの素材を使用しているからしっとりまとまる髪へ♪官能的でエレガンスな香りも長続き。

詳細はこちら


uka シャンプー Wake up!

15種類ものアミノ酸系補修成分を配合した贅沢なシャンプー。キューティクルの剥がれにより流出してしまった成分を補います。根元からハリとコシを与えます♪

詳細はこちら

Treatment
トリートメント

出典:weheartit

1.シャンプー後、水気をしっかりとる

トリートメントの油分を弾かないよう、水気をしっかり取ります。タオルドライするのもおすすめです。

2.毛先にトリートメントを揉み込む

手に適量のトリートメントを取り、頭皮にはつけないように髪の毛に揉み込む。

3.時間を置く

トリートメントを揉み込んだ後はシャワーキャップや蒸しタオルをつけ5〜10分置く。そのまま湯船に浸かるのも◎です。

4.しっかりすすぐ

シャンプー同様しっかりすすぎトリートメントが残らないようにします。


オススメのトリートメント


パサつきを抑え、まとまる髪質になるトリートメントがおすすめ!また頭皮バランスを整えるヘアパックもできれば行うと効果的です。そんなトリートメントをご紹介♪

ボタニカル ヘッドスパ

おうちでできる簡単&本格ヘッドスパトリートメント。保湿成分のツバキやホホバ油が、傷んだ髪を集中ケア。毛先までまとまりの良いサラサラヘアを実感できます。

詳細はこちら


ハーバル リシャイン トリートメント

髪だけでなく、頭皮もケア。頭皮の皮脂バランスを整え、ダメージを補修。ツヤとうるおいのある、シルクのようになめらかな指通りのよい髪へと導きます。

詳細はこちら

Dryer
乾かす

出典:weheartit

1.洗髪後、タオルドライする

タオルドライをすることで、ドライヤー時間の短縮にもなります。ガシガシ拭いてしまうとキューティクルが剥がれてしまうこともあるのでふんわりと包むように拭いてください。

2.根元→毛先で乾かす

20センチ以上離し、根元から毛先に徐々に移動しながら乾かす。斜めの方向から風を当てると髪が広がりにくくなります。

3.仕上げに冷風を当てる

冷風に当てることにより、キューティクルが引き締まりツヤが出ます。また水分が逃げづらくなるので髪のまとまりが長続きします。


オススメのドライアイテム


Panasonic (パナソニック) ナノケアドライヤー

「毛先集中ケアモード」で、ダメージを受けやすい毛先のケアに着目。温風と冷風を交互に発生させることで、毛先の広がりをおさえ、しっとりまとまる髪に仕上げます。

詳細はこちら

仕上げのオイルでさらに髪の毛まとまる♡

ドライ後の仕上げでさらに髪の毛の広がりを抑えて♪ 外出前やまとまらない髪の毛にしっかり補修で外気から守る!!

ウカ ヘアオイル レイニーウォーク

憂鬱な雨の日も爽やかに♪うねりや広がりを防いでしっとりまとまるヘアオイル!ビタミンなどの栄養素を豊富に含むアサイーオイルやモリガンオイルなど植物オイル配合。サラリとした質感で、べたつかず自然に仕上がります。

詳細はこちら


ジョアンジュオーガニック ニュイヘアオイル

洗い流さないオイルトリートメント。夜、寝る前のヘアケアに使えば、翌朝の髪はしっとり、きれいにまとまりやすく。

詳細はこちら

基本をマスター&口コミアイテムで湿気に勝つ!!

出典:weheartit

基本の洗髪方法をちゃんと実戦する&話題のアイテムで、いつの間にかさらさら&まとまる髪の毛に変身♪ 夏の乾燥にも備えて今からキューティクルを補修しましょ♡