出典:weheartit

体温計で体温を測るといつも35℃台…。そう、そんなあなたは「低体温女子」です!!普段全く影響がないように思えますが、実は知らないところで様々な影響を与えてるんです!今日はそんな「低体温」が及ぼす体の症状や改善方法まで、まるっとご紹介しちゃいます!!

平熱が36℃未満の人は「低体温」

出典:instagram

一般的に体温が36℃未満のことを「低体温」と言い、理由としては筋肉量が少ないことや血液の流れが悪いことが原因とされています。これにより代謝が下がり、血液循環が悪くなることで免疫力も低下してしまう原因と言われています。


「冷え性」と「低体温」の違い


出典:weheartit

「低体温」=「冷え性」と思いがちの人も多いと思いますが、これは全く違う症状なんです。「冷え性」は体温が低い訳ではなく、体の末梢(手足の先)の血流が悪く冷えることを指し、「低体温」は、全身の体温が低いことを言います。冷え性ではないけれど「低体温」である可能性もあるので、一度確認してみると良いかもしれません。


「低体温」は万病のもと


出典:weheartit

体温が下がることにより血流が悪くなり、免疫力が低下。さらに異物を駆除してくれる白血球の動きが悪くなることで、ウイルスや細菌に負けてしまい、風邪や感染症などを発病する確率が高くなります。また基礎代謝が低いので、太りやすい体質に!そして女性の悩み生理不順までも引き起こします

筋肉量をアップして「低体温」から卒業しよう!

出典:weheartit

現代人の「低体温」は、筋肉量の低下やエアコンなどにより発汗中枢の麻痺で体温の調節ができていないことが原因と言われています。筋肉は体の熱を「生産」してくれる器官なので、まずは筋肉量をアップすること発汗を促すことを心がけていきましょう!他にも体温を上げると良いことづくめなんです!

ダイエット ・基礎代謝が上がり太りにくい体に
・消費する体になるので、内臓脂肪解消に
免疫力アップ ・血流が良くなり白血球も活発に!外部のウイルスを除去する体に
美肌・アンチエイジング ・血行が良くなり、新陳代謝も活発に
認知症予防 ・脳の血行が良くなり、認知症の予防に

 


体温UPライフ①軽い運動


出典:weheartit

一日30分以上の軽い運動を習慣にして。例えば朝散歩をしたり、1駅分のウォーキングをしたり。筋肉の7割は下半身にあるので、下半身中心の運動がオススメです。


体温UPライフ②入浴で体温アップ


出典:weheartit

湯船に10分程度浸かることで、体温が1℃程度上昇。お風呂に入り汗を流したり体を温めることで体温調節を自然と行う体に


体温UPライフ③あったか食材を取り入れる


出典:weheartit

生姜やニンニク、長ネギやニンジンなど冬に大人気の野菜は、体を内側から温める効果が♪ 白湯やハーブティーなど血流を良くする飲み物も◎


体温UPライフ④靴下・腹巻き・カイロでさらに暖かく


出典:weheartit

外側から体を冷やさない工夫も大事です。あったかい靴下や腹巻き、貼るカイロなどで内側の温度を逃さないように保温していきましょう。

出来ることから少しずつ、カラダに変化を!

出典:weheartit

毎日の生活の中に少しずつ改善週間を取り入れて、低体温を卒業しましょ♪ すぐに変化はないかもしれませんが、今後の体や美容のために「新しい自分」を手に入れちゃいましょう♪