「頭皮コリ」ってご存知ですか?
肩こりや首こりがあるように、実はデスクワークやストレスによって血流が悪くなり、頭皮もこり固まっているんです。

あたまいたい

http://pixabay.com/ja/

子供の頃、柔らかかった頭皮も、大人になると頭皮がパツンパツンに張っている状態に。。頭皮の血流が悪くなると、髪の細胞にも栄養が行き渡らず、そもそも健康な髪が生えなくなってしまいます。

奇跡の49歳、君島十和子さんも毎晩50回のブラッシングを行い、顔の引き下がりを防止しているように、エイジングケアとしてもオススメな方法なんです!

とわこ

http://girlschannel.net/topics/115136/

ツヤ髪や小顔にも効くブラッシングの方法をご紹介します。


ブラッシングするブラシの選び方は?


■豚毛・猪毛のブラシ

天然毛100%のブラシは静電気を起こしにくく、髪を傷めにくいのが特徴。さらに動物毛のブラシは毛の表面(表皮紋理)が整い、髪にツヤをだします。

豚毛・・・やわらかめの毛質のため、髪が細く、量が少なめ方にオススメ。

猪毛・・・コシがあり固めの毛質のため、髪が多く、固めな方にオススメ。

豚毛

http://ny.assort-hair.com/blog

■パドルブラシ

押したら凹む、クッション性の高いブラシがオススメ。

パドルブラシ

http://batacosme.jugem.jp/?eid=699


正しいブラッシング方法は?


①、パサつく場合はクリームやオイルを

髪がパサついて静電気が起きやすい時はヘアクリームやオイルなどを毛先につけましょう。

オイル

②、毛先のほつれをほぐす

髪の根元から引っ張ると毛根にダメージを与えてしまいます。丁寧に毛先のほつれをとることが大事。

毛先2

③、徐々に根元に向けてブラッシング

毛先がほぐれたら髪の真ん中、そして根元へと順番にブラッシング。根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂を行き渡らせます。

地肌

④、後頭部は下から上へ

普段、後ろの髪は下へ引っ張られているため、首の後ろからつむじにかけてあげるようにブラッシング

⑤、顔のたるみを引き上げるように、こめかみからつむじにかけてブラッシング

(フェイスラインは斜め上にひきあげるようにブラッシング)

 

実際に試してみると、確かに気持ちがよく、パッと顔色がよくなりました。

より効果を実感するのであれば、動物毛のブラシで髪をといて、地肌をマッサージする場合はパドルブラシと使い分けもオススメです♡